水・土壌問題

水不足と食糧不足その1

年々夏の気温が高くなってきていることから、暑い夏を乗り切るための対策というのをしっかりと行わなければならなくなりました。
暑い夏を乗り切るために、水浴びをして体を冷やしたり、プールに入って涼んだりと、夏場はどうしても水を使用する機会というのが多くなります。

夏になるとよくニュースなどで水不足の問題があげられているのを耳にします。
夏になると、プールなどの公共施設が稼動をし始めますので、特に水の使用量が増える季節だと言えるでしょう。
水不足という報道があっても、そこまで深刻に取り上げられていませんので、日本では水不足の恐ろしさを知らない方が多いでしょう。

水不足といっても、プールなどは営業していますし、家の蛇口から水が出なくなるということもありませんよね?
ちょっと普段より水の使用量を減らさなければ、と思う程度の水不足なのです。

地球は水の惑星と呼ばれるくらいに水が豊富にあります。
確かに地球の大半は海であることから、大量の水が存在しているといってもいいでしょう。
しかし、海の水を飲み水としてそのまま使用をすることは出来ませんよね?

人間が飲むことが出来る水というのは、どこからくるのでしょうか?
地球に存在している大量の水なのですが、その98%が実は海水なのです。
その他の2%は、川や沼、湖などにある淡水だと言われています。
その2%の淡水の大半というのは、南極や北極で氷になっているものですので、飲み水として使用をすることは出来ません。

こうなると、人間のような陸上で生活をする生き物が使える水というのは、地球にある水のうちの0.01%程度なのです。
0.01%といっても、実際にどのくらいの水の量が使える水なのかピンと来ないと思います。
次回で、ある程度イメージ出来るようにご説明をしていきたいと思います。

ページトップへ