水・土壌問題

液状化現象とは

近年、大きな地震が発生することが多くなってきたように思います。
地震のニュースが話題になると、液状化現象という言葉が出てくることがよくあります。
液状化現象は、起こってしまうと地震の被害を大きくすると言われています。

ここでは、その液状化現象が起こるメカニズムについて、お話をしていきたいと思います。
液状化現象と地盤は切っても切れない関係なのですが、その地盤は地域によって大きく異なってきます。
地盤が違うことで、日常生活に支障が出ることはありませんが、地震が起こると地盤の違いは大きく影響をするのです。

液状化現象というのは、地下水位の高い砂地の地盤で液状化の現象を起こしてしまうことを言います。
地盤が液状化してしまいますので、地盤の上にある建物に大きな影響を与えてしまうのです。
液状化はどういった状態になるのかというと、地面がぐにゃぐにゃで支える力がない状態になるのです。

本来、地面というのは固いものなのですが、地震によって振動が起こることで、液体の性質というのが出てきてしまうのです。
液状化現象というのは、どんな地盤にでも起こるわけではありません。
砂丘地帯や三角州、埋め立て地といった土地で起こるものだと言われています。
ただ、近年の研究では、砂地でなくても液状化現象が起こる可能性は十分にあると言われています。

東京は、埋め立て地が非常に多いですので、液状化現象が発生をする可能性が高いのです。
実際に、東日本大震災で、東京や千葉で液状化現象が発生していました。
地面が液状化してしまうと、地中に埋まっているライフラインが寸断されてしまう可能性があるので、私達の生活に大きな影響を与える可能性があります。

というのも、電気やガス、水道の配線や配管は、地中に埋められていることが多いのです。
液状化現象によってライフラインが寸断されないようにするための、対策が急がれています。

ページトップへ