自然環境

台風とは

台風をご存知ない方というのはまずいらっしゃらないでしょう。
世界各国で台風の被害というのは起こっているのですが、日本では夏〜秋にかけて台風が発生をし猛威を振るっています。
台風というのは自然現象ですので、人間がそれを止めることは出来ません。

台風というものは、私達の生活に大きな影響を与えます。
野外で行うイベントなどが、台風の影響で中止になることもありますし、飛行機や船、電車といった交通機関が使えなくなり、旅行や仕事などに影響を及ぼすこともあります。
会社が終わる時間に台風が直撃し、帰宅をすることが出来なかったというような方も、中にはおられるのではないでしょうか。

台風が上陸をしてしまうと、人間はなす術がなくただ台風の通過を待つだけになります。
台風というのは強い雨風を伴いますので、飛行機や船といった交通機関は特に大きな影響を受けます。
台風が上陸をしている場合は、運休になることも非常に多いのです。
また電車の場合は、余程のことがなければ運休になることはないのですが、徐行運転などを行って安全に運行をしなければならないので、ダイヤが乱れたりと通常通りの運行は出来なくなります。
台風によって怪我をしたり命を落とす人もいるくらい、私達に大きな影響を与えます。

台風の接近が近づくと、私達はいつも以上に天気予報を気にしてチェックするようになります。
台風の進路を見て今後の動きというのを考えることもあるでしょう。
私達は台風という言葉を当たり前のように使っていますが、いったいどういった定義をもって台風という言葉を使っているのでしょうか。

熱帯の海上で発生をした低気圧のことを「熱帯低気圧」と一般的には呼んでいます。
この熱帯低気圧の中でも、北西太平洋や南シナ海に存在をして最大風速が17メートル以上であれば、台風という呼び方をしているのです。

ページトップへ