自然環境

梅雨に食べ物を傷めないためには

梅雨の時期は湿気が多く、どうしても食べ物が傷みやすくなってしまいますので、調理をする際には食中毒などに対する注意をしなければなりません。
調理をするまえの食材の保存方法というのもとても大事ですが、念には念をということで調理をする過程でも、食品を傷ませない、食中毒にならないように、対策を行う必要があるでしょう。

調理を行ううえで特に気をつけてもらいたいのが、まな板なのです。
まな板は、さまざまな食材を乗せていることから、雑菌がついている可能性というのが非常に高いのです。
せっかく食材の保存方法に気を使っていても、まな板に雑菌が繁殖しているようであれば、全く意味がありません。

飲食店で発生する食中毒というのは、大半がまな板に繁殖していた雑菌が原因のようです。
まな板を清潔にしておくことが、食中毒を防ぐ1番の方法とも言えるのです。
使用したまな板は洗剤できちんと洗って、熱湯消毒をするのが理想です。

梅雨の時期であってもお弁当を作ることはあると思います。
調理した料理を長時間保存した状態にしているお弁当というのは、特に調理にも気を配る必要があります。
水分の多い食材は、雑菌が繁殖しやすいですので、生野菜やフルーツはお弁当に不向きだと思って下さい。

お弁当のおかずを傷ませないためには、出来るだけ傷みにくい食材を選ぶ必要があります。
水分が多いと傷みやすいということが分かっているのであれば、水分が少ないものは当然傷みにくいことが分かるでしょう。
梅雨の時期だけは特に、傷みにくいおかずを選ぶようにすることで、食中毒を防ぐことが出来るのです。

ページトップへ