自然環境

梅雨特有の病気、湿邪

梅雨の時期の6月というのは、体調不良を訴える方が増えます。
多くの方が訴えられる体調不良の症状は風邪です。
というのも、梅雨の時期というのは気温の変化が激しく、前日に比べて3度以上も気温が下がるようなことも頻繁にあります。
そんな気温変化が激しい時期というのは、体が温度変化に耐えられず、風邪を引き起こしてしまうのです。

梅雨の時期の体調不良は、気温変化だけではありません。
その他にもさまざまな原因があると言われています。
梅雨の時期は、食中毒も1年の中で1番起きやすいと言われています。
湿気が多いことから、雑菌が繁殖してカビが生えやすくなり、食品がいつのまにか傷んでしまっていたということもよくあるのです。
そういったものを誤って食べてしまうことで、食中毒が起こってしまうのです。

ご家庭はもちろんですが、飲食店や学校、会社でも食中毒が発生しやすいです。
普段は何ともないようなものでも、雑菌やカビが繁殖している可能性もありますので、この時期は出来るだけ生ものは避けるようにした方が良いでしょう。

また、梅雨の時期に発症する「湿邪」という病気にも気をつけなければなりません。
この病気は梅雨の時期特有の病気なのですが、多くの方が発症をされているのです。
湿邪という病気は、長時間雨にあたってしまったり、湿気の多い環境で長時間過ごしてしまうと発症をすると言われています。

湿邪という病気は、皮膚や筋肉、消化器、神経系に影響を与えます。
梅雨の時期にしか発症をすることがほとんどないことから、多くの方が湿邪という病名を知っておられません。
ですので、体の不調を感じても別の病気だと勘違いをされてしまうことが多いようです。

風邪や食中毒、湿邪にかからないためには、湿度と気温をしっかりと管理してあげる必要があるでしょう。

ページトップへ