自然環境

梅雨時の健康管理

梅雨の時期というのは、外にいても部屋の中にいても不快なことが多く、私たちの体も不調が起こりやすい時期となります。

5月に多くの方が体の不調を訴えられることから、「五月病」という言葉がありますよね。
五月病という言葉が出来た理由は、4月は新しい生活が始まる時期であり、環境の変化からどうしても疲れが出やすく、体調不良になりやすいからなのです。
また、5月上旬にあるゴールデンウイークの長期休暇が、仕事や学校などの嫌なことを忘れさせ、現実に戻るときに一気に精神的負担がかかり、体調不良を起こしているとも言われています。
その他にも、最近多くの方が発症されている花粉症というのも、体調を悪化させる原因になっているようです。

5月というのはさまざまな理由で体調を崩しやすいのですが、それよりも6月の方が体調不良を訴えられる人が実は多いのです。
6月は梅雨の時期でもあることから、梅雨が体調を崩す原因になっていることは一目瞭然なのです。

6月は、雨の日も多く、寒い冬から暑い夏へ向かう途中であることから、非常に気温変化が激しい時期でもあります。
激しい気温の変化に体が順応出来ずに、頭痛や疲労感を感じたり、風邪を引いてしまう人が増えるのです。

梅雨の時期を健康に過ごすためには、毎日気温をチェックすることをお勧めします。
日中と夜の気温さが激しい時期ですので、きちんと日中と夜、それぞれの気温チェックをして下さい。
日中の気温より夜の気温が2度以上下がるという場合は、体への負担も考えて上着をはおったり、布団をかけるようにしましょう。

太陽の光は、私たち人間の体を健康にしてくれる大事なものですので、晴れ間を見つけて太陽の光をしっかりと浴びるようにしましょう。
また、この時期は体が以外に冷えてしまっていますので、ぬるま湯で半身浴をして体を温めてあげるというのも、体調を崩さない秘訣になります。

ページトップへ