自然環境

梅雨の掃除

梅雨の時期は、湿気が多くなり、カビや悪臭が発生しやすくなります。
湿気、悪臭、カビといった梅雨の3大トラブルをなくすためには、普段からきっちりと掃除をしておく必要があるのです。

ほとんどの方が梅雨に突入をしてから上記のトラブルを回避する対策をされるのですが、湿気が多い状態だと微生物や雑菌が発生しやすい最適の環境になっていますので、あまり良いタイミングではありません。
梅雨に入る前には、梅雨に備えてある程度部屋を綺麗にしておいて頂きたいのです。

梅雨入りをして雨が頻繁に降るようになると、水まわりはどうしても湿気を強く感じるので、不快感から掃除を頻繁にするようになります。
梅雨の時期の掃除でとくに面倒だと感じられるのが、ユニットバスのシャワーカーテンです。
ユニットバスのシャワーカーテンは、特に湿気を含みやすいので、黒カビの発生率が自宅内でも最も高いと言ってもいいレベルなのです。
水気を出来れば全て取り除きたいので、新聞紙を使って拭き取ることを勧めます。

梅雨の時期というのは雨が降りますので、濡れた靴や傘が置かれている玄関というのも湿気が多くなる場所になります。
梅雨の時期になると玄関がカビ臭くなるという方は要注意です。 靴箱は汗などで雑菌がすでに繁殖している靴があり、湿気もこもりますので、カビにとっては好都合の場所なのです。
靴箱は頻繁に扉を開けておき、換気を十分に行うようにしましょう。 また、靴箱に収納をしている靴自体も、日光に当てて乾燥や殺菌をおこなうようにすると、カビの発生もしにくくなります。

畳を新しくされた方というのも、梅雨の時期には気をつけなければなりません。
というのも、新しい畳はカビが発生しやすいのです。
人が触れないような部分に青カビがよく発生すると言われています。
畳のカビは酷いものでなければ拭き取ることは出来ますが、拭き取る際はお湯を使用するようにして下さい。
普段からカビ対策をされるのであれば、お酢を5倍に薄めたものを雑巾につけて、拭き掃除をすると良いと言われています。

ページトップへ