自然環境

梅雨のニオイ対策

梅雨の時期は湿気が原因で雑菌やカビが繁殖をし、ニオイが気になるようになります。
この嫌なニオイのせいで梅雨の時期が嫌いだという方も多いのではないでしょうか。
梅雨の時期の悪臭をなくしたいのであれば、除湿をするというのが最も効果の高い方法となります。

梅雨の時期に発生する悪臭は、湿気自体のニオイと湿気によって発生したカビのニオイがあります。
さらに生ゴミのニオイというのも強烈なものになります。
梅雨の時期は1年の中でも最も生ゴミのニオイはきつくなる時期と言ってもいいかもしれません。

生ゴミはなぜ強烈なニオイを発するのかと言いますと、微生物が生ゴミを食べて分解をする際にガスを発生させるからなのです。
微生物が過ごしやすいベストの環境が整う梅雨の時期というのは、微生物が活発になりますのでガスの発生量も多くなってしまうのです。

生ごみから発生する悪臭を防ぎたいのであれば、生ゴミの水分を減らしてあげることが重要に鳴ります。
野菜などは水分を元々含んでいますので、出来るだけ自分の手によって水分を含ませないように気をつけて下さい。
水分を吸収してくれる新聞紙で生ゴミを包んであげるというのは、悪臭対策にはとても効果的です。

その他には、悪臭を発生させる微生物の数を減らすというのも、とても良い方法だと思います。
微生物はエタノールをかけると死んでしまいますので、生ゴミにエタノールをかけておくと悪臭の発生を軽減させることが出来るのです。
エタノールの代わりにお酢を使用するのも良いと言われています。
また発生してしまったニオイを重曹やお茶を使って中和させてあげることも、不快な生ゴミによる悪臭を感じなくさせる良い方法の1つです。

ページトップへ