自然環境

梅雨のカビとその対策

梅雨の時期は湿気が多くなりますので、カビも発生しやすくなります。
カビは人的影響も大きいですので、十分に気をつけなければなりません。
カビというのは、いくら清潔な人で掃除を頻繁にしていても、環境さえ整えば発生をしてしまうのが厄介なところなのです。
カビが発生しやすい環境は湿気が多い環境なので、雨の日が多い梅雨の時期というのは、カビにとっては最適の時期なのです。

カビと1くくりに言っても、私たちのまわりには何万種類ものカビが存在しています。
たくさんの種類があるカビの中でも、家庭で発生をしやすいカビは、黒カビ、赤カビ、青カビの3種類だとされています。
家庭内で最もカビが繁殖をしやすいのは浴室で、黒カビがよく発生をします。
また、独特のニオイを放つ青カビも家庭内では頻繁に見られます。

カビを防ぐ対策としては、湿気を少なくすることが第一ですので、換気がとても需要になってきます。
風を通してあげるだけでも随分と湿気を減少させることが出来ますので、こまめに窓を開けて外の空気を入れるといいでしょう。
窓がない部屋や開けることが出来ない部屋の場合は、除湿機やエアコンを使用して湿度を下げるようにして下さい。
そこに扇風機を使用すれば、なお湿気とは無縁の部屋になります。

その他には、除湿剤を部屋に置くことで湿度を下げることも出来ます。
タンスや下駄箱など、狭い空間の場所の湿気取りのはこの除湿剤がとても効果的です。
衣類や靴にカビが生えてしまうと着られなくなってしまいますので、除湿剤は出来るだけ置いておくと良いと思います。

水周りはカビがどうしても発生しやすい環境になりますので、掃除をこまめにしっかりとしておくようにしましょう。
カビが発生してしまった際には、カビ取り専用の洗剤を使用して、発生したカビが残らないようにすることも、カビを発生させないための大事なことなのです。

ページトップへ