自然環境

部屋干し特有のニオイを消す

部屋干しをする場合、問題となるのは洗濯物につくニオイです。
部屋干しの場合は、屋外やベランダと違って独特のニオイがどうしてもついてしまいます。
これはどんな洗剤を使用していても同じことです。

なぜ部屋干しをすると嫌なニオイが洗濯物についてしまうのでしょうか。
その理由は、雑菌が繁殖して増殖をするからなのです。
部屋干しの場合は、日光や風があたりませんので殺菌を行うことが出来ず、湿気の多い環境で長時間放置をすることから、非常に雑菌が繁殖をしやすい環境を作っているのです。

ニオイを発生させる雑菌は、洗濯をする際に落としきれなかった衣類についた皮脂やたんぱく質が酸化をすることで増殖をしてしまうのです。
洗濯物についた雑菌を落としてあげる必要がありますので、洗濯機にかけるまえに水洗いで軽く洗っておくのも良い方法だと思います。

また、洗濯機自体に雑菌が繁殖をしていると、せっかく洗った洗濯物も雑菌がたくさん付いた状態になってしまいますので、洗わなければならない洗濯物は、洗濯槽に放り込んでおかずに、ランドリーボックスに入れておくようにして下さい。
洗濯機を回すときに、ランドリーボックスから洗濯物を取り出して投入をして下さい。

雑菌が洗濯物の嫌なニオイの原因になりますので、悪臭対策を行うのであれば、まず雑菌の増殖を防ぐことを考えなければなりません。
部屋干しをした洗濯物から悪臭がするようであれば、再度洗濯をして雑菌を落としてあげるようにするのも有効的です。
出来るだけ湿気を少なくするために、扇風機を回して風通しを良くしてあげると、洗濯物の嫌なニオイもしなくなるでしょう。
部屋干しであっても、洗濯物を干す環境で悪臭も防ぐことが出来るのです。

ページトップへ