自然環境

省エネの部屋干し法

梅雨時期は雨が頻繁に降りますので、洗濯物がどうしても部屋干しになってしまいます。
洗濯物の嫌なニオイが気になるようであれば、部屋干しファンや空気清浄機の利用というのも考えなければなりません。
ただ、これらの家電を使用するということは、普段よりも余計に電気代がかかってしまうのです。

最近では、家電製品も節約志向のものが多く、電気代を節約出来る商品が多くなってきています。
しかし、電気を使用することに変わりはありませんので、余計な電気代というのはどうしてもかかってしまいます。
節電をしなければならないと、国をあげて努力をしていますので、必要以上の家電製品の使用というのは避けたいものです。

出来るだけ家電製品を使用しない方法で、快適な部屋干しが出来ないか、ここではそのお話をしていきたいと思います。
部屋干しをする場合は、洗濯物を干す場所が重要になってきます。
部屋の中でも出来るだけ風通しの良い場所を選ぶようにして下さい。

ベランダや窓際が理想的ですが、そういった場所が無いというお家の方もおられるでしょう。
そんな方は浴室が洗濯物を干す場所には最適です。
浴室は水を大量に使用することから湿気が多い場所だと思われている人が多いですが、換気扇がついていますので風通しが良く、部屋干しの場所としては適しているのです。

洗濯物を干す際にハンガーを使用すると思いますが、そのハンガーもちょっとした工夫で、洗濯物の乾きを良くすることが出来るのです。
ハンガーはそのまま使用をせずに、2本のハンガーをクロスさせるように組み立てて、円形のような形にして洗濯物を干すのです。
こうすることで、洗濯物が風にあたる範囲が広くなりますので、短時間で乾いてくれるのです。
他には、新聞紙を洗濯物の近くに置いて室内の湿気を取るという方法も、有効的な方法ですのでお勧めです。

ページトップへ