自然環境

基本は部屋干し

いくら雨が多くて洗濯がしにくい梅雨の時期でも、洗濯物というのは溜まっていきますよね。
外干しをしたい気持ちは分かりますが、雨が降っていれば室内で干すしか方法がなくなります。
最近では、乾燥機付の洗濯機も登場していたりして、雨で外干しが出来ない様な場合もそこまで困らなくはなってきましたが、やはり自然の外干しのときの洗濯物の仕上がりに勝るものはありません。

どうしても部屋干しをしなければならないこともあると思いますので、嫌なニオイがしないような干し方をマスター出来れば、理想的ではないでしょうか。
部屋干しをする際に重要になるのは、洗濯物を干す場所なのです。
普段から部屋干し用のスペースがあるわけではありませんので、スペースを確保するのは難しいかもしれませんが、洗濯物にとって条件が出来るだけ良い場所を選ぶようにして頂きたいのです。

部屋干しの際に条件が良い場所というのは、湿度の調整がしやすい換気の出来る場所です。
換気扇があるような場所で洗濯物を部屋干ししていれば、随分と洗濯物の乾き具合も変わってきます。
換気扇にプラスをして洗濯機を回すと、湿気がこもりませんので、なお洗濯物にとっては条件の良い場所になります。

屋外のベランダでも雨よけがあれば、雨の日でも屋外に洗濯物を干すことが出来ます。
屋外ですので常に風が洗濯物に当たり、早く乾かすことが可能になります。
ベランダがないご家庭で縁側があればそこも有効的ですし、窓際だけでも随分と乾き具合は変わってきます。

湿気の多い時期で室内干しをする場合、干し方もとても重要になってきます。
洗濯物が密集して干されていると、どうしても乾燥をしにくくなってしまいますので、スペースを取るようにして下さい。
また、折りたたんだ状態などで衣類やタオルを干すと乾きが悪くなりますので、出来るだけ広げて干すようにしましょう。

ページトップへ