自然環境

梅雨の洗濯物

洗濯物を綺麗に仕上げるには、湿気というものは大きな問題になります。
乾きにくいということもそうですが、それ以外にもたくさんの問題が湿気にはあるのです。
なぜかといいますと、湿気が多い状態だと雑菌が繁殖しやすいからなのです。
雑菌が衣類に繁殖をしてしまうと、嫌なニオイが洗濯物についてしまいますので、洗濯をした意味が全くないようなことにもなるのです。

梅雨の時期は頻繁に雨が降り、湿気が多い状態が続きますので、上記のようなトラブルが起きやすくなるのです。
湿気が多いということは洗濯物が乾きにくくなりますので、生乾きのニオイもしやすくなってしまいます。
洗濯物のニオイに悩まされるというのが、この梅雨の時期の嫌なことの1つとなっているのです。

しかし、梅雨の期間である1ヶ月半の間、全く洗濯をしないというわけにはいきませんよね。
ですので、湿気が多い状態でもいかにして洗濯物を綺麗に仕上げるかという対策を取らなければならないのです。

梅雨の時期の選択のポイントというのは、洗濯物を溜めないということなのです。
汚れた衣類を溜めておくと、そこで雑菌が増殖をしてしまいます。
洗濯機でしっかりと洗ったとしても、繁殖してしまった雑菌が全て落ちない可能性もあります。
また、洗浄力も大事になりますので、1回の洗濯で大量に洗濯物を投入するのは止めるようにして下さい。

梅雨時期の洗濯機というのは、衣類と同じように雑菌が繁殖しやすい状態になっています。
ですので、いつもより洗濯層の掃除をする頻度を高めるようにして下さい。
雑菌による嫌なニオイを取り除きたいのであれば、漂白剤がお勧めです。
また、最近では部屋干し用の洗剤も販売されていますので、梅雨の時期だけそういった洗剤に変えるというのも1つの方法です。

ページトップへ