自然環境

日本の梅雨入りと梅雨明けの時期

日本では全国的に梅雨の影響を受けますが、梅雨の時期というのは地域によって少しズレがあるのです。
天気予報を見ているとお分かりかもしれませんが、梅雨入りと梅雨明けの発表というのは、地域別で行われていますよね。
梅雨の期間というのは、梅雨入りをしてから1ヶ月半程度続きます。
しかし、沖縄では5月上旬に梅雨入りとなり、東北では6月中旬に梅雨入りとなりますので、日本では3ヶ月程度どこかしらの地域で梅雨に入った状態になっているということになるのです。

梅雨に入る時期というのは毎年同じくらいの日程になりますので、自分が住んでいる地域の梅雨入りの時期を知っていれば、梅雨入り前にきちんと対策をしておくことが出来るのです。
日本各地で起こる梅雨ですが、ここでは地域別の梅雨入りの時期を紹介していきたいと思います。

先ほどもチラッとお話をしましたが、日本国内で梅雨入りが最も早いのが沖縄地方なのです。
5月上旬には梅雨入りをして6月20日頃には梅雨明けになります。 本州では6月中旬に一斉に梅雨入りをしますので、沖縄地方の梅雨の時期は特殊ではあるのです。
九州地方では、5月末〜6月上旬に梅雨入りをします。

その他の四国、中国、近畿地方は、6月中旬に一斉に梅雨入りをするのが例年のパターンです。
関東、東海、北陸地方も同じように6月中旬に梅雨入りとなります。
日本で1番梅雨の訪れが遅い東北は、6月中旬から下旬に梅雨入りとなります。

梅雨の時期は度の地域も梅雨入りから1ヶ月半が目安となっていますので、沖縄から北にどんどんと梅雨明け宣言がされていき、東北地方は7月末に梅雨明けとなります。
ただ、梅雨は自然現象ですので、思ったより早く梅雨明けとなることも長引くこともあります。

ページトップへ