自然環境

梅雨前線の性質

梅雨というのは、雨をもたらす梅雨前線が日本上空に停滞をすることである、と基本的には定義されています。
ですので、梅雨について知りたいのであれば、梅雨前線について理解をしておけばいいのです。

梅雨前線というのは、梅雨入り宣言がされる前の5月初旬の段階ですでに発生をしています。
ただ、日本全体を覆うのではなく、南西諸島南方沖付近に発生をしているのです。
南西諸島では、5月初旬には梅雨前線の影響を受けて、曇りや雨の日が多くなります。
ということは、日本では5月初旬から梅雨がスタートしているということが言えるでしょう。

梅雨前線が日本に大きな影響を与えるようになるのは、オホーツク海気団や太平洋高気圧の勢力が強くなってからとされています。
この2つの気団は、5月下旬から6月上旬にかけて勢力を強めることから、梅雨前線も同じ時期に活発になり、日本の全国各地で梅雨入りということになるのです。
日本国内でも特に九州と四国地方が、梅雨による雨の影響を受けやすいとされています。

梅雨前線というのは、南から北へとどんどん上がっていき、6月中旬に本州で1番勢力を強めます。
そして、7月上旬には東北地方まで北上をしていくのです。
日本国内でも南の方が梅雨入りが早く、北の方が遅くなっています。

梅雨前線はどのような特徴があるのかと言いますと
、湿気を大量に含んでいて、長期間停滞をします。 また、雨雲は乱層雲であることから、長時間弱い雨が降り続くというのも梅雨前線の特徴となっています。
なぜこのような特徴を持つのかと言いますと、日本の周辺に発生をする気団が大きく関係をしているのです。

ページトップへ