自然環境

梅雨の定義と原因

日本では毎年必ず梅雨は訪れますので、5月中旬ごろから梅雨の話題をするようになります。
私たちは、ニュースの天気予報などで梅雨に入ったことを知ることが多いと思いますが、実際に梅雨の定義というのがどういったものなのかを知っている人はほとんどいないでしょう。
日本では、気象庁が梅雨入りをしたと判断をするのですが、どういった定義から判断をしているのでしょうか。

梅雨の時期に入ると、天気予報ではよく梅雨前線という言葉が使われるようになります。
梅雨前線が日本の上空にあるというのが、梅雨の時期の特徴である長い雨を引き起こす原因なのです。
なぜ約1ヶ月もの長い間、この梅雨前線は日本の上空に留まっているのでしょうか?

梅雨に入る直前の5月下旬頃には、日本の北の方に冷たくて湿った海洋性のオホーツク海高気圧や、東の方には高温で多湿の海洋性気団の太平洋高気圧、西の方には乾燥した大陸性の長江気団、南の方には海洋性の非常に湿った熱帯モンスーン気団が発生をします。
この4方角の気団配置の相互的な影響によって、梅雨前線が停滞をしてしまうのです。

というのも、西の方から来る乾燥した空気と、東の方から来る湿った空気がぶつかり合って上昇をすることで、雨雲が発生しやすくなるのです。
この発生した雨雲というのが、北と南にある高気圧の強い勢力によって停滞をしてしまうのです。
こういった4つの気団の動きによって梅雨前線が生まれ、日本の上空に長期間留まった状態になってしまうのです。

毎年のようになぜ梅雨が来るのかと言いますと、毎年同じ時期に流れる偏西風が大きな影響を与えているのです。
偏西風というのが毎年梅雨に入る5月下旬から6月に日本に流れてくることで、偏西風に誘導をされて梅雨前線ができてしまうのです。

ページトップへ