自然環境

梅雨の名称

梅雨というのは雨季の1つなのですが、日本では頻繁に雨が降る雨季のことを梅雨(つゆ)と呼んでいるのです。
なぜ、日本では梅雨という呼び方をしているのか気になりますよね?
しかし、昔から梅雨という言葉が使われているので、正確な言葉の由来というのは分かりません。

梅雨という言葉の由来にはいくつかの説があります。
その1つは、中国で使われている梅雨(ばいう)という言葉から来ているのではないかと考えられています。
中国で梅雨という言葉がなぜ使われるようになったかということもはっきりとしていないため、この説というのもあいまいなままになっているのです。
ただ、江戸時代に梅雨という言葉が中国から伝わったということは分かっているようです。

中国では梅雨(ばいう)と呼んでいたのに、なぜ日本では梅雨(つゆ)と呼ぶようになったのかも不思議ですよね?
これに関しても、さまざまな説があり、何が正しいかというのが分かっていないのが現状です。

「露」という漢字の読み方を使って「つゆ」と読むようになったという説や、梅の実が熟す季節であることから「つはる」という言葉が徐々に変わっていったという説、梅の実を潰す季節であることから「潰ゆ」の読み方をそのまま使ったという説、カビが繁殖しやすい季節で消費物が増えることから「費ゆ(ついゆ)」という言葉が徐々に変わっていったという説など、さまざまな説があるのです。

日本は四季を大事にする風習があり、さまざまな四季を表す言葉が今でも残されています。
「五月雨」という言葉をご存知の方も多いと思いますが、この五月雨も実は梅雨を表す1つの言葉だと言われています。
五月雨は、文字から見ても分かるように、五月に降る雨のことで特に雨量が増える五月下旬の雨のことを言います。
つまり、五月雨は梅雨の時期に降る雨でもあるのです。

五月雨と対になっている言葉で「五月晴れ」というのがあります。
これも文字通り五月の晴れの日のことを言うのですが、雨が続く梅雨の時期のつかの間の晴れのことを言うのです。
梅雨というのは、日本人から嫌われる季節ですが、昔から私たちの暮らしに大きな影響を与えているということが、さまざまな言葉からも分かると思います。

ページトップへ