自然環境

梅雨と日本

日本には、春夏秋冬と四季があります。
その中でも、春から夏にかけて雨量が増加する時期というのを特別に梅雨と呼んでいるのです。
地域によって若干時期はずれますが、日本では6月が梅雨の時期だと言われています。

梅雨というのは日本全国に来るものではなく
、実は北海道と小笠原諸島には梅雨はないのです。 しかし、それ以外の地域の沖縄から青森までは、毎年必ず梅雨の時期は訪れます。
雨量が多くなる梅雨というものは、日本だけに起こるものではなく、アジアの各国でよく見られるものなのです。
実際に、お隣の国の韓国でも、毎年梅雨の時期はあります。

雨量が増えるということから、熱帯雨林の地域で頻繁に起こるスコールなども梅雨なのか、と疑問を持たれるかもしれませんが、これは梅雨とは全く違ったものになります。
梅雨というのは、雨量が増えるということを言うのではなく、雨が降る日数が多かったり、雨雲がある日数が多いことを言うのです。

梅雨の時期というのは、生活に支障が出ることが多く、あまり日本人からは好まれていません。
洗濯物が外干し出来ない日が多くなったり、湿気からカビなどが繁殖しやすくなったりと、面倒なことが非常に多いからです。
雨は、私たち人間が生活をしていくうえでなくてはならないものですし、雨の降る様子は風情があると思うこともありますが、それはたまに雨が降るから感じることであって、毎日のように降る梅雨が良いというわけではないのです。

しかし、気候の関係で、日本では毎年必ず梅雨は訪れます。
梅雨をなくすということは人間の力では不可能ですので、憂鬱な梅雨の時期をどのようにして過ごすのかということを考えるのが大事になってきます。
梅雨の時期というのは、普段では起こらないようなさまざまなトラブルも発生します。
そのトラブルを事前に把握しておき対策を取っておくことで、梅雨の時期も楽しく過ごすことが出来るのです。

ページトップへ