地球問題

電磁波や光について

ここでは放射線情報の様な放射線量を測定して公開するサービスが有り、その放射線情報を元にどれくらいの放射線量が有るのか把握出来る様にしていますが、放射線での電磁波と光について挙げてみたいと思います。

電場と磁場の変化によって伝わる波の事を電磁波と言っていて、放射線として光やX線やγ線等が有りますが、これも電磁波となるみたいです。
電場と磁場の変化によって作られた波は光の速さで伝わる波となっています。
主な電磁波として挙げられるのが光や放射線のX線やγ線なります。
この電磁波を発生させる実験がヘルツによってその昔成功しました。
そしてマルコーニと言う人が無線通信にこの電磁波を応用させたのです。
その後マクスウェルは理論的に電磁波の存在を示していき、光も電磁波の一種だと言う説も出しました。それが今から100年以上前の事になります。
この光には赤外線、紫外線、可視光線と言う種類に分けられ、波長の長さも赤外線、可視光線、紫外線、X線、ガンマ線と言う順番に短くなっているそうです。
私達が現在使っている携帯電話等にも使われていますので身近に使っている事が分かっているのです。
17世紀に入るとニュートンが打ち出した光とは微粒子が流れている物であると言う説と、ホイヘンスが打ち出した光とは波動の事だと言う説とで対立した形になりましたが、その後アインシュタインが打ち出した波動と粒子の両方の性質である事が理解されたのです。

スポンサードリンク

地球問題

自然環境

エネルギー

水・土壌問題

健康・化学物質

災害対策

ページトップへ