地球問題

放射線情報について

東日本大震災を受けて福島第一原発の事故が起きてしまいました。ここで気になるのがどれくらいの放射線が私達の周りに有るのかと言う事だと思います。そこでヤフーでは2011年8月から「放射線情報(ベータ版)」を公開するサービスを始めました。この放射線情報では全国の放射線量の情報を5分毎と言う短い間隔で提供しています。

各地の放射線量を計測し、その時点の速報値、それと24時間単位の平均値をグラフと数値を使って公開しています。この情報はパソコンからだけてなく、携帯電話やスマートフォンからでも見られる様になっています。
放射線量を計測しているのはInternational Medcom社で作られているガイガーカウンター「Inspector Alert」と言う計測器で全て統一されていますので、計測の基準は全て一律となっています。
またこの観測は慶應義塾大学で発足している「地球環境スキャニングプロジェクト」、「Safecast」の2つから24時間体制をしいて行われている様です。

気になる観測値ですが、サービスが始まった当初は東北からは福島県二本松市、宮城県仙台市、近隣からは長野県長野市、関東からは埼玉県さいたま市、東京都渋谷区と港区、千葉県千葉市、その他に静岡県静岡市、愛知県名古屋市で計測されていました。

今後は徐々に観測地域を増やしていき、全国の放射線情報を提供しようとしているそうです。目に見えない物だからこそ気になる放射線量。特にお子さんをお持ちのご家庭では気になる物だと思います。
こうした放射線情報を利用して対策をしていく様にしましょう。

スポンサードリンク

地球問題

自然環境

エネルギー

水・土壌問題

健康・化学物質

災害対策

ページトップへ