エネルギー

日本の現在のエネルギー事情

先進国の多くは、エネルギー供給源を石油や石炭といった化石エネルギーに頼っています。
この化石エネルギーをつくる際に必要な石油や石炭などの資源は、有限であることから将来性を見込むことが出来ないのです。
日本はこれらの資源を輸入に頼ってしまっていることから、輸入が途絶えてしまうと、たちまちエネルギー不足となって生活に大きな影響を与えてしまいます。

化石エネルギーの代わりになるものとして開発をされた原子力エネルギーですが、東日本大震災で起こった福島第一原子力発電所の事故により、日本にある原子力発電所はほぼ停止状態にあります。
これまで安全だとして稼動をさせてきた原子力発電所が、大きな人的被害を及ぼすものだということが分かったため、原子力エネルギーにエネルギー源をシフトチェンジすることは、全くと言っていいほど考えられないものとなりました。

東日本大震災以降さらに注目されるようになったエネルギーそれは自然エネルギーです。
太陽光・地熱・水力・風力・バイオマスといったものが自然エネルギーと言われるものです。
ただ、現在のところこれらの自然エネルギーの供給率は全体の1.1%と非常に少ない割合で、まだまだ開発の初期段階の状態なのです。
自然エネルギーで国内の電力をまかなおうとすると、広大な面積が必要となることから、国土面積が小さく人口が多い日本では、自然エネルギーは普及しにくいとも言われています。

化石エネルギーも原子力エネルギーも自然エネルギーも見直しに入らなければならない状況であることから、新たなエネルギーの開発への着手の緊急性が求められています。
メタンハイドレードによるエネルギー供給が今のところ有力となっているようです。

ページトップへ