地球問題

地球温暖化が近寄ってきています

毎年、テレビのニュースで「地球温暖化の影響で平均気温が上昇しています」といったようなことを耳にしますね。
平均気温が1℃上がったことは騒ぐほどのことなのか、と思う方もいらっしゃるかもしれません。
けれど平均気温が1℃上がるということは、その場所がかつてあった場所から南に100km移動したのと同じことなのです。

日本国内では、東京が一番温度上昇が激しいです。昔に比べると平均で5℃も平均気温が上昇しています。
これは東京が500km南下したということになるので、大体鹿児島県の最南端まで南下してきたと考えることができます。
鹿児島県の最南端の100年前の気温が、今の東京の気温と同じくらいだったとされています。

今地球温暖化は世界中で問題になっていて、世界規模での改善が求められています。
けれど私たち人間は多少の温度上昇には適応することができるからか、そこまで身に迫った問題として捉えることができないでいます。

けれど人間以外の動植物に関してはもっと大きく作用しています。
動植物は気温変化にとても敏感で、住む場所を変えることで適応しようとします。
その結果、本来生息していないはずの地域で珍しい生物が発見されたり、動植物の生息地帯が少しずつ変わりつつあります。

問題なのは、これに伴って新たな病原菌が発生したり、生態系に異常が現れたりすることです。 これは年々大きな問題となっています。

地球温暖化の話は他人事でも遠い未来の話でもありません。徐々にですが確実に近寄ってきています。
これを正常に戻すために、人間が地球温暖化について一致団結して取り組んでいくことが必要とされています。

ページトップへ