地球問題

「水質汚染」について

地球上で最初に生命が誕生したのは海の中だとされています。それから川や湖など、生命は水辺で多く生まれています。このように水は私たち人間だけでなく、すべての生命体にとっての起源であるほどに大事なものです。

けれど現在では地球の環境破壊によって、水質汚染が問題になっています。これも地球問題の一つです。
人間の体の7割は水分だと言われていて、水がなくては私たちは生きていけません。
それが汚染されているとなると、人間にとってどれだけダメージが大きいかお分かりになると思います。

また、水は無限にあるものではなく限りある資源でもあります。それを汚してしまうことは取り返しのつかないことです。
けれど私たち日本人は、水質汚染に対してあまりに意識が低い、とよく言われています。

なぜなら日本においては水道がきちんと整備されているので、水道の水でもそのまま飲めるほどに水がきれいだからです。
それが当たり前になってしまうと、水のありがたみを忘れてしまうのでしょう。
けれど世界には、きれいな水が無くて困っている国もたくさんあります。
そういった国では生活排水や工場排水すら、飲料水として飲むしかないことがあるようです。

それに比べると日本は水に関してとても恵まれていると言えるでしょう。
だからこそ、無自覚なまま大切な水について考えることが少なくなってしまい、汚染に対して鈍感になるとは皮肉な話です。

美味しい水が飲めなくなってしまうと困りますよね。そうならないためには水を無限のものだと思わずに大切に使い、身近な水質汚染に関して進んで考えていくことが必要になってきます。

ページトップへ