地球問題

温暖化と都市化

日本は都市化が急速に進み、道は砂利からコンクリートへと変わり、また地下も施設や地下鉄が走ったりと、短期間で様変わりをしています。都市は生活をするのにとても便利な場所となっているので、多くの方が都市で生活をするようになりました。現代人にとって暮らしやすい都市というのはなくてはならないものとなっているのです。

日本全国で都市が増えるごとに「地球温暖化」という問題がニュースで頻繁に取り上げられるようになりました。
地球温暖化とは字のごとく、地球の気温が上昇をしていることなのですが、それによって生態系が変化をしてしまったり、氷河が溶けて水位が上昇をしてしまったり、地表に変化がみられるようになったりと、地球環境を大きく変えてしまっているのです。

特に気温が上昇する夏の季節になると、異常気象が毎日のようにニュースでは騒がれるようになります。
気温の上昇によって熱中症になり病院に搬送をされたというようなニュースが毎日のように報道されていますよね。
こういったことも、地球温暖化によって起こるようになったと言われているのです。

近年話題になるゲリラ豪雨ですが、これも地球温暖化によって起こるようになったのでしょうか?
地球温暖化はゲリラ豪雨の原因とも言えますが、それ以上に都市化が原因となっています。

都市化によって砂利道はコンクリートで舗装をされるようになりました。
ゲリラ豪雨が発生した際には、コンクリートは水を吸うことが出来ませんので、道路が冠水してしまうということが起こってしまうのです。
また、都市化によって作られた地下の施設や地下鉄は、ゲリラ豪雨の被害をまともに受けてしまいます。

ゲリラ豪雨と密接な関係がある温暖化と都市化ですが、都市化は私たちの生活に直に影響を与える大きな問題を持っています。
ニュースでは地球温暖化のことばかりを取り上げていますが、都市化についても取り上げるべきではないかと思います。

ページトップへ