災害対策

避難所とは?

災害などが起きた時に自宅では危険なために避難しなければならなくなることがあります。
自治体などが主導して避難所を作るのです。
一般的には公共の施設が避難所として利用されます。
学校の体育館やホールなど、震災に対して十分な強度を持つ施設を緊急処置として使うのです。正式には避難勧告が発令された時にあらかじめ指定されている施設です。
国が地方自治体を通じて指定しています。
種類としては3種類あります。
一時避難所は短期的な避難を目的としています。
大雨警報などが出ている時に公民館などに避難している住民のニュースが流れることがあります。
これが一時避難所です。
地元の町内会などが指定します。
それから、広域避難所は地震や津波などで大規模な避難をしなければならない時に指定されるものです。
学校や公園などが指定されています。
それから、収容避難所は住宅などを失ってしまった人が当面の間生活するための施設です。
救助が必要な住民が生活しますから、そのための設備を持っていなければなりません。
各自治体が指定するものです。
学校や会館など電気、ガス、水道などのライフラインを持っている場所が指定されることになります。
いずれにしても、避難している人たちにとっては一時的な場所に過ぎません。日常生活を長期に渡って続けていくための施設ではありませんから、不自由な生活を強いられることになります。
地震や津波などで家を失った人のためには仮設住宅の建設が必要となるのです。

ページトップへ