地球の環境問題を考える~災害対策

警報と注意報
警報と注意報警報と注意報
2011年ほど、自然の威力、猛威を感じた年はないのではないでしょうか。東日本大地震、津波の猛威、大型台風による各地への被害など。
避難所 避難所
災害などが起きた時に自宅では危険なために避難しなければならなくなることがあります。自治体などが主導して避難所を作るのです。
防災用品 防災用品
以前から意識は高まっていましたが、東日本大震災を受けて防災用品を揃えようと言う需要が更に高まってきています。
7種類の警報 7種類の警報
気象庁では、現在、7種類の警報と16種類の注意報があります。今起こっている気象の程度、災害の程度をこれらを使って発表…
避難所と健康 避難所と健康
不自由な生活では健康に注意しておくことが大切です。 特に大震災などの避難所生活では、十分な医療を受けることができない…
最低限必要な防災用品 最低限必要な防災用品
一言に防災用品を準備しようと言われても、ご自宅の家族構成やその人数によってどんな物が必要なのか異なってくると思います。
最低限必要な防災用品 気象庁のサイト
旅行などの大きなイベントごとがあったとき、天気予報が気になりますよね?そんなとき、気象庁のインターネットサイトで…
ページトップへ