地球問題

アスベストにはどんな種類が有るのでしょうか

アスベストと私達が呼んでいるものには、実はいくつかの種類があるのです。
大きく分けると、「蛇紋石綿」と「角閃石綿」の2つのタイプがあるのですが、形状や性質は同じアスベストでも異なりますし、健康被害を受ける可能性というのも大きく違ってくるのです。

「蛇紋石綿」は、別名を「クリソタイル」と呼んでおり、特徴としては非常に柔らかく綿のような状態のものになります。
柔軟性があることから加工がしやすいこともあり、日本国内ではアスベストの中でも最も多く使用をされている種類だと言われています。

アスベストによって健康被害が起こることが分かり問題になってからは、蛇紋石綿の使用が危険だという判断が出され、2004年から使用を禁止されるようになりました。

もう1つの代表的なアスベストの「角閃石綿」は、クロシドライトやアンソフィライト、トレモライト、アモサイト、アクチノライトといったいくつかの種類に分かれているという特徴があります。
日本で工業用として使用をされていたのは、クリソタイルやアモサイト、クロシドライトといった種類のアスベストになります。

「角閃石綿」の中で特に健康被害への影響が大きい、毒性が強いと言われているのがクロシドライトなのです。
クロシドライトは、繊維が針状になっているので柔らかさはありません。
健康被害への影響が大きいと言われるのは、細く長い繊維の形だからだと言われています。
また、他のアスベストのタイプよりも10倍の確率で発ガン性があるというのも、健康被害を起こす可能性を高める要因になっているようです。

ページトップへ