地球問題

学校に有るアスベストについて

アスベストには耐火性が高いという特徴があることから、大人数が集まる可能性がある建物である病院や学校、駅などでは、火災を防ぐことを目的としてアスベストが以前は使用をされていたのです。
使用されているアスベストの中でも、特に吹き付けアスベストが、健康被害が大きいと言われているのです。

吹き付けアスベストは、1975年に使用が禁止されるようになったのですが、石綿吹き付けはその後も使用を続けられていたことから、吹き付け材に対しては気をつけておく必要があると言われているのです。
学校でもアスベストが使用さてており、それに関しては、1987年に健康被害が問題化し、全国的に調査が行われ、対策が立てられるようになりました。

国を挙げてアスベスト対策を行っているにも関わらず、現在でも吹き付けアスベストが残されている学校は存在をしているようです。
つまり、現在でもアスベストによる健康被害というのは起き続けているということが言えるのです。
1980年代に実施をされた調査や対策が、どれだけ不十分なものであったのかということが、分かる結果ですよね。

子供はそんな中で長い時間過ごさなければなりません。
アスベストを体内に取り込んでしまっていては、後々に大きな健康被害に繋がる可能性もあります。
子供達の将来のことを考えると、学校でアスベストが飛散をしている環境にしておくことは、絶対にあってはならないことなのです。

ご自身のお子さんが通われている学校に、今でもアスベストが残されているのではないかと、心配になられる方も多いでしょう。
そんな場合、建物が建てられた年代と設計図を学校側に問い合わせをしてみて下さい。
アスベストが存在をしていたとしても、それがすぐにお子さんの身体に影響をするわけではありませんので、慌てることはありません。
ただ、地震によって倒壊をしたり、解体をするようなことがあれば、アスベストは多く飛散をしてしまいますので、気をつけなければなりません。

ページトップへ