地球問題

アスベストとは?

「アスベスト」という言葉を1度は聞いたことがあるかと思います。
アスベストは別名を石綿と呼んでおり、健康被害があったことでニュースで数多く取り上げられていました。

アスベストの特徴は、火を付けても燃えないということです。
学校の理科の実験で、アルコールランプと一緒に使っていた石綿金網を覚えていますか?
確かに、火をあれだけ近づけていたのに、全く燃えることがありませんでしたよね。
この石綿金網が、アスベストなのです。

アスベストというのは、溶岩と熱水などがある特別な条件で反応を起こして、繊維状にどんどんと成長をしていくのです。
アスベストは、クリソタイル(白石綿)とクロシドライト(青石綿)、アモサイト(茶石綿)の3つに大きく分けることが出来ます。

アスベストという物質は、かつてさまざまな用途に広く使われていました。
かなり重宝をされていた時代には、「奇跡の鉱物」や「天然の贈り物」と呼ばれることもあったくらいです。
それだけ、アスベストは人々にとって魅力的なものだったのでしょう。
アスベストがなぜここまで重宝をされたのか、それは耐火性、耐食性、耐摩耗性に非常に優れていたからなのです。

アスベストは繊維状にどんどんと成長をしていくと言いましたが、繊維1本の細さというのは、髪の毛の5000分の1本くらいの細さだそうです。
アスベストの繊維5000本で髪の毛1本分なんて、かなり細いということが分かりますよね。

近年、アスベストの健康被害がよく取り上げられるようになってきましたよね。
どういった健康被害があるのかと言いますと、アスベストが体内に入り込んでしまうと、肺の奥にある肺胞まで入ってしまい、身体の中に蓄積をされてしまうのです。
この蓄積されたアスベストが、身体にさまざまな悪さをしてしまうのです。

ページトップへ